マリステア

HOME
製品情報

  アリスティームBP

 マリスティーWB

エビデンス

 自動発泡時 写真

 
 皮膚表面 写真

バルクサンプル
成分辞典
お問い合わせ
会社概要

成分辞典
 
プロパンジオール 
  (INCI : PROPANEDIOL)
  配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 保湿、静菌) 
   
  植物(とうもろこし)の糖を発酵させ得られた、100%植物由来の無色グリコールです。
オーガニック認証であるエコサートとNPA(Natural Products Association)の認証を受けています。
多くの化粧品に、保湿剤、感触改良剤として使用されいます。
 
   
   
メチルパーフルオロイソブチルエーテル
  (INCI : METHYL PERFLUOROISOBUTYL ETHER) 
メチルパーフルオロブチルエーテル
  (INCI : METHYL PERFLUOROBUTYL ETHER)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 発泡補助)
   
  高機能なフッ素系溶媒です。蒸発速度が速い、皮脂を取らない、臭いがほとんどない、
事実上無毒性などの様々な特長は、アルコールに代わる新しい溶媒として香水など多々の化粧品、
シャンプーなど多々のトイレタリー製品などの分野で開発の可能性を広げると期待されています。
・BP@760mmHg…61℃
   
   
エチルパーフルオロイソブチルエーテル
  (INCI : ETHYL PERFLUOROISOBUTYL ETHER)
エチルパーフルオロブチルエーテル
  (INCI : ETHYL PERFLUOROBUTYL ETHER)
  配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 発泡補助)
   
  高機能なフッ素系溶媒です。蒸発速度が速い、皮脂を取らない、臭いがほとんどない、
事実上無毒性などの様々な特長は、アルコールに代わる新しい溶媒として香水など多々の化粧品、
シャンプーなど多々のトイレタリー製品などの分野で開発の可能性を広げると期待されています。
・BP@760mmHg…76℃
   
   
オリーブ油PEG−7カルボン酸Na
  (INCI : SODIUM PEG-7 OLIVE OIL CARBOXYLATE
  配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 洗浄) 
   
  イタリア トスカーニャ地方の特別なバージンオリーブオイルを由来とする成分です。
皮脂構成成分に近く、添加するだけで肌への親和性が格段に向上、使うほどに保湿、バリア性向上、
赤みを抑えるなどオリーブオイルの成分・機能を保持したままの機能性界面活性剤です
 
   
アルギン酸Na 
  (INCI : ALGIN)
  配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 増粘)
   
  コンプ、ワカメなどの褐藻類から得られる成分です。
食品添加物として増粘剤、ゲル化剤、安定剤として使用され、人工イクラ、人工フカヒレなど
多くの食品に応用されています。
化粧品には海藻パックなど、多くの化粧品に使用されています。
   
   
ココイルメチルタウリンNa 
  (INCI : SIDIUM METHYLCOCOYL TAURATE)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 洗浄) 
   
  ヤシ油とタウリン誘導体(胆汁中に存在する生体内界面活性剤であるタウロコール酸と類似した
構造を持っている)で構成されるアニオン(陰イオン)界面活性剤です。低刺激性洗浄剤で
キメの細かい泡立ち、湿潤力を示し穏やかに汚れを取るのに優れていて、洗顔料、シャンプー、
ホディーソープなどに使用されています。
 
   
   
コカミドDEA
  (INCI : COCAMIDE DEA)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 洗浄補助) 
 
  ヤシ油脂肪酸とジエタノールアミンを縮合して得られる非イオン性界面活性剤です。
泡の安定性、増粘、起泡、洗浄性を高めるなどの相乗効果があり、洗顔料、シャンプー、
ホディーソープなどに使用されています。
 
   
   
アクリレーツコポリマー
  (INCI : ACRYLATES COPOLYMER)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 増粘) 
 
  アクリル酸アルキル重合体で、主に増粘剤として使用されています。
従来のカルボキシビニルポリマー(カルボマー)では成し遂げられなかった高濃度の
界面活性剤を配合した製剤の分散性、安定性、粘性を効率よく高め、また、泡のクリーミーさ、
洗い流し後の保湿感、肌の滑らかさ、柔らかさを付与するので、シャンプー、ボディーソープ、
洗顔料などに使用されています。
 
   
   
ジステアリン酸グリコール
  (INCI : GLYCOL DISTEARATE)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : パール光沢付与) 
 
  シャンプー、リンスにパール光沢や乳濁感を付与することができ、また増粘性も併せ持ち、
頭髪用化粧品、クリーム、乳液、化粧水、パック、洗顔料などに使用されています。
 
   
   
塩化Na
  (INCI : SODIUM CHLORIDE)
  配合対象製品 : アリスティームBP / マリスティーWB (一般的な配合目的 : 粘度調整) 
   
  食塩として用いられる塩で、食品や医薬品などにも広く使用されています。
化粧水、クリーム、シャンプー、ボディスクラブ化粧品などに広く使用されています。
収斂作用があるので肌のきめを整える目的としても用いられています。
   
   
クエン酸
  (INCI : CITRIC ACID)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : pH調整) 
   
  天然に広く存在する有機酸の一種で柑橘類に含まれている酸味成分です。
工業的には、デンプン質などの糖質を発酵させて製造している。緩和な酸で、収斂作用や
キレート作用をもち、酸化防止剤、収斂剤、pH調整剤などとして幅広く化粧品に用いられている。
生体成分であるため安全性が高く、スポーツ飲料や食品添加物(酸味料)として使用されています。
 
   
   
ポリクオタニウム−39
  (INCI : POLYQUATERNIUM−39)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 皮膚コンディショニング)
 
  カチオン界面活性剤の塩化ジメチルジアリルアンモニウムと、高分子のアクリル酸アクリルアミドを
重合反応でつくった高分子ポリマーです。
ボディーソープ、洗顔料などの界面活性剤による刺激を緩和する作用や、洗いあがり後の
つっぱり感の軽減、すべすべ感や保湿感を付与するために使用されています。
 
   
   
水酸化K
  (INCI : POTASSIUM HYDROXIDE)
  配合対象製品 : アリスティームBP / マリスティーWB (一般的な配合目的 : pH調整)
   
  アルカリ剤です。(別名:苛性カリ)希薄溶液は皮膚表皮を軟化させる作用があります。
pH調整やカリウム石けんの製造に使用されています。
 
   
   
ソルビトール
  (INCI : SORBITOL)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 保湿) 
   
  果物など多くの食品に含まれ、植物界に広く存在することが知られている多価アルコールです。
工業的には精製ブドウ糖(グルコース)を還元して得られ、白色の粉末で清涼な甘味があります。
吸湿作用はほかの保湿剤に比べて緩和であるが、乾燥に対して水分を一定に保つ作用も
あるので保湿剤、柔軟剤として各種化粧品、歯磨きなどに使用されています。
 
   
   
ヒドロキシアルキル(C12−14)ヒドロキシエチルサルコシン
  (INCI : C12-14 HYDROXYALKYL HYDROXYETHYL SARCOSINE)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 洗浄) 
   
  ラウリン酸(C12)、ミリスチン酸(C14)、エタノール、ベタインを有するアミノ酸型の両性界面活性剤です。
すすぎ時にはきしみ感が少なく、乾燥後は帯電を抑え柔らかな風合を与え、また、水よりも
ヘアカラーの色落ちがしにくい洗浄剤としてシャンプーに使用されています。
ボディソープなどではさっぱり感を生かした商品に使用されています。
   
   
BG
  (INCI : BUTYLENE GLYCOL)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 保湿) 
   
  湿潤性と適度な抗菌力を有し、保湿剤としてべたつきが少なく、グリセリンに比べて軽い感触が
得られるので各種の化粧品に多用されています。
   
   
ラウリン酸ポリグリセリル−10
  (INCI : POLYGLYCERYL−10 LAURATE)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 静菌) 
   
  ラウリン酸とポリグリセリンのエステル反応から得られる抗菌性を有する非イオン界面活性剤です。
化粧品及び食品添加物として食品用の乳化剤にも使用されている界面活性剤です。
   
   
カプリン酸グリセリル
  (INCI : GLYCERYL CAPRATE)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 静菌) 
   
  カプリン酸とグリセリンのエステル反応から得られる抗菌性を有する非イオン界面活性剤です。
化粧品及び食品添加物として食品用の乳化剤にも使用されている界面活性剤です。
   
   
フィチン酸
  (INCI : PHYTIC ACID)
  配合対象製品 : アリスティームBP / マリスティーWB (一般的な配合目的 : キレート・pH調整)
   
  ほとんどの植物体(種子、穀物類に多く存在)に含まれ、特にコメヌカなどから得られるフィチンを
精製した成分です。キレート作用、pH緩衝作用、発酵促進作用、変質変色防止作用など食品や
多くの化粧品、歯磨きなどに使用されています。
   
   
ラウリン酸ポリグリセリル−2
  (INCI : POLYGLYCERYL−2 LAURATE)
  配合対象製品 : マリスティーWB (一般的な配合目的 : 静菌)
   
  ラウリン酸とポリグリセリンのエステル反応から得られる抗菌性を有する非イオン界面活性剤です。
化粧品及び食品添加物として食品用の乳化剤にも使用されている界面活性剤です。
   
   
フェノキシエタノール
  (INCI : PHENOXYETHANOL)
配合対象製品 : アリスティームBP / マリスティーWB (一般的な配合目的 : 防腐・静菌)
   
  グリコールエーテルの一種であり、グラム陰性菌に対して殺菌作用があり、化粧品の防腐剤として
使用されています。

配合量は100g中に1.0gまでと規制されています。ポジティブリスト「フェノキシエタノール」基準
   
   
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム
  (INCI : HYDROXYPROPYLTRIMONIUM HYALURONATE)
  配合対象製品 : アリスティームBP / マリステイーWB (一般的な配合目的 : 保湿)
   
  従来のヒアルロン酸の主構造となる部分がカチオン化(プラスイオン化)された新しいヒアルロン酸で、
洗っても流れ落ちない高吸着力(皮膚への吸着量 17.2倍、毛髪への吸着量 290倍)を実現
した新しいヒアルロン酸です。皮膚にはしっとり感、髪には艶のあるしなやかさを補う作用がある
ので、シャンプー、洗顔料、ボディーソープなどに使用されています。
   
   
 
  (INCI : CHARCOAL POWDER)
  配合対象製品 : アリスティームBP / マリステイーWB (一般的な配合目的 : 洗浄補助) 
   
  孟宗竹を炭化し平均粒径3μm(ミクロン)に微粉砕した洗浄補助成分です。

「薬用炭」は粘膜に使用されることがない化粧品に100g中2.0gまで、粘膜に使用されることがある化粧品に配合禁止(薬食審査発第0524001号「化粧品に配合可能な医薬品の成分について」)

   
   
グリセリン
  (INCI : GLYCERIN)
  配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 保湿)
 
  古くから用いられている保湿剤であり、吸湿性が強く多くの化粧品に使われています。
植物油脂から石けんまたは脂肪酸を製造する際の副産物として得られ、これを脱水脱臭などの
精製をします。無色、無臭の粘性液体で甘い味がします。
グリセリンは、保湿剤として製品の、のび、滑りをよくする。吸湿製品を有し、皮膚に対して
うるおいを与え、しっとりとした感触を与えます。
   
   
ヒドロキシエチルセルロース
  (INCI : HYDROXYETHYLCELLULOSE)
配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 増粘)
   
  セルロースから得られる水溶性高分子です。結合剤、増粘剤、保護コロイド、徐放性基剤として
化粧水から洗浄料など幅広く使用されています。
   
   
ラウリルベタイン
  (INCI : LAURYL BETAINE)
  配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 洗浄 )
   
  アルキルベタイン型の両性界面活性剤です。硬水中及び幅広いpH領域において
高い起泡性を示し、アニオン(陰イオン)界面活性剤と組み合わせることで更に高い
起泡洗浄力が得られ、洗顔料、シャンプー、ボディソープなどに使用されています。
   
   
(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマー
  (INCI : ACRYLATES/C10-30 ALKYL ACRYLATE CROSSPOLYMER)
  配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 増粘)
   
  少量で優れた増粘・ゲル化効果を発揮する水溶性高分子です。オールインワンジェル、
クリーム、シャンプー、ボディソープ、洗顔料など使用目的に合わせて増粘剤、乳化安定剤、
分散安定剤などとして幅広く使用されています。
   
   
ラウロイルメチルアラニンNa
  (INCI : SODIUM LAUROYL METHYLAMINOPROPIONATE)
  配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 洗浄 )
   
  アミノ酸の1種であるN−メチル−β−アラニンを原料とした、アシルアミノ酸型アニオン
界面活性剤です。適度な洗浄力と脱脂力を有し、しっとりとした洗いあがりが得られます。
弱酸性で起泡力に優れ、シャンプー、洗顔料、ボディソープなどに使用されています。
 
   
   
(カルボマー/パパイン)クロスポリマー
  (INCI : CARBOMER/PAPAIN CROSSPOLYMER)
  配合対象製品 : アリスティームBP (一般的な配合目的 : 角質柔軟)
   
  従来のパパイン酵素の問題点である安定性の低さを架橋することで改善した、
安定型プロテアーゼです。
従来のピーリング剤と異なり、高い角質除去能/高配合可能な安全性/即時効果 を同時に
併せ持つ新しいタイプのピーリング原料です。
   
   
1,2−ヘキサンジオール
  (INCI : 1,2-HEXANEDIOL)
  配合対象製品 : アリスティームBP    ※配合原料→(カルボマー/パパイン)クロスポリマー 由来
   
 
ポリオールの1種で、保湿剤及び抗菌性に優れているので防腐・静菌剤として利用されています。
   
 
カプリリルグリコール
  (INCI : CAPRYLYL GLYCOL)
  配合対象製品 : アリスティームBP    ※配合原料→(カルボマー/パパイン)クロスポリマー 由来 
   
  ポリオールの1種で、保湿剤及び抗菌性に優れているので防腐・静菌剤として利用されています。
   
   
   
 
 
 
 
 
 
 
 
HOME製品情報evidenceバルクサンプル
成分辞典お問い合わせ会社概要・沿革サイトマップ
Copyright(C) 2007-2013 株式会社マリステア All Rights Reserved.